カルバトールの写真と男性の脳内のイラスト

カルバトールとは、カルバマゼピンという成分が抗てんかん・抗躁鬱病によく効くことで話題となっています。この成分は脳神経に働きかけることで過敏になっている神経を抑制する作用を持っており、医学的にも古くから用いられている信頼の成分です。

てんかん症状の初期症状を見逃してはいけない

てんかん症状は、最悪の場合死に至る危険性があります。適切に服薬する事によってある程度コントロールすることが可能となりますが、人によって効きやすい薬とそうではない薬に分かれており、判断が難しいといえます。そのようなてんかん薬として知られるものの中にカルバトールがあります。この薬は主にてんかんによる大発作、精神運動発作などに対して効果を発揮します。
その作用機序ですが、脳神経や末梢神経細胞に存在するNaチャネルを阻害する事で、脳内の電位の立ち上がりを阻止することで発作を抑制します。なお、カルバトールは、てんかんだけではなく三叉神経痛にも使用されてきましたが、近年双極性障害と呼ばれる精神疾患にも効果があることがわかってきました。そのため様々な現場で使用されている薬だといえます。また、アルツハイマー性認知症など、薬による効果が得られないものであっても効果がある場合があり、効果が期待される薬と言えるでしょう。
ただし、カルバトールは長期間の服用が前提となっています。短期的に効果があるというよりも、1週間から数週間の間で効果判定を行う必要がある薬となっています。これは、双極性障害の薬などと同じ作用機序、特徴と言えるでしょう。また、薬剤の効果が高く市販では販売されていません。そのためてんかんの場合には、医師による処方が必要となります。個人輸入などを検討する方もいますが、年齢や体重、症状によって処方量が変わるので、勝手な判断で減量する事は辞めるようにしましょう。そして、カルバトールを服用する際に、その他の薬と禁忌となるケースも有りますので、医師には服用している薬の情報を提供できるように資料を整理しておく事が重要となります。