カルバトールの写真と男性の脳内のイラスト

カルバトールとは、カルバマゼピンという成分が抗てんかん・抗躁鬱病によく効くことで話題となっています。この成分は脳神経に働きかけることで過敏になっている神経を抑制する作用を持っており、医学的にも古くから用いられている信頼の成分です。

カルバトール:てんかん治療の2016年2月記事一覧

  • てんかん症状の初期症状を見逃してはいけない

    てんかん症状は、最悪の場合死に至る危険性があります。適切に服薬する事によってある程度コントロールすることが可能となりますが、人によって効きやすい薬とそうではない薬に分かれており、判断が難しいといえます。そのようなてんかん…続きを読む

  • カルバマゼピン成分の歴史と医学的な経緯

    カルバマゼピンとは、カルバトールやテグレトールといった商品に使用されている成分のことです。前者は一般名とされていて、後者は商品名となっています。そのため、カルバトールなどの名前を見かけることが多いのではないでしょうか。 …続きを読む